ご購入前-Data-U編

Data-Uシリーズの購入前によくあるお問い合わせについて掲載します。

ここのコーナーで解決できなかった場合は、お手数をお掛けしますが、弊社までお問い合わせ下さい。

尚、製品の仕様については、製品案内の各製品のページをご覧下さい。

Q1.データロガーとパソコンは直接繋げることはできますか?

★できません。

・別途「コミュニケーションベース」が必要になります(コミュニケーションベースの生産および販売は終了させていただいております。)。

Q2.コミュニケーションベースは、データロガー1台につき1台必要ですか?

★いいえ、必要ありません。

・コミュニケーションベース1台で16台分(16,000データ×16台、データロガーの記録容量により異なります)が収録できます。

Q3.専用ソフトは別途購入になりますか?

★コミュニケーションベースに標準付属です。

・コミュニケーションベースに付属ですので、専用ソフトの購入の必要はありません。

Q4.データコレクタ(UIZ5092)または通信アダプタ(UIZ5091)でData-Uシリーズのデータを回収できますか。

★できません。

・コミュニケーションベースでのデータ回収となります(コミュニケーションベースの生産および販売は終了させていただいております。)。

Q5.データロガーのデータをコミュニケーションベースに転送した後、データロガーのデータはどうなりますか?

★データロガーを再スタートかけない限り、データは消えません。

Q6.データロガー記録中に、データロガーの電池が消耗した場合、今まで記録したデータはデータロガーに残っていますか。

★残っています。

Q7.データロガーを再スタートをさせても、今まで記録したデータはデータロガーに残りますか。

★残りません。

Q8.リアルタイムでパソコンにデータを表示できませんか?

★ワイヤレスロガーではできます。

・ワイヤレスプレヒート付き電圧ロガーの場合、表示および出力データは、全て電圧表示です。

Q9.スケーリング(換算)を既にした状態でデータの記録をすることはできませんか?

★ワイヤレスロガーではできます。

・但し、元データ(換算する前のデータ値)の記録はされません。

Q10.プレヒート機能とは何ですか?

★計測時刻の寸前に、計測するセンサへ電源を供給し、計測終了後、次の計測時刻まで電源をOFFにする機能です。

・詳しくはこちらをご覧ください。

Q11.9V角型アルカリ乾電池の寿命はどのくらいですか。

★適切なプレヒート時間にて16,000データ分(プレヒート付き電圧ロガー(UIZ3635)の記録容量分)です。

・言い換えると、記録間隔10分、プレヒート時間0.5秒の設定の場合、約3ヶ月です(超音波計の場合、記録間隔10分、プレヒート時間2秒で1.5ヶ月)。

・詳細については、各製品の仕様をご覧ください。

Q12.COMMUNICATION UTILITY for UIZはWindows7、8でも使えますか。

★使えます。

・但し、Ver.2.11,Rev.5のCD-ROMが対応します。お持ち出ない場合は、こちらから請求してください(恐れ入りますが、原則郵送での配布とさせていただいております。)。